単純疱疹

安全性が高いゾビラックスジェネリック

ゾビラックスジェネリックはヘルペスウィルスの増殖を抑制する、安全性が高くて、吐き気やゲリ、めまいなどの副作用も少ない薬です。

 

 

ウィルスの増殖を抑えるものですから、その発症の初期に服薬すれば、悪化を防げます。

 

 

なお他の人への感染を防ぐ効果はありません。

 

 

また、安全性が高いものですが、妊婦や授乳中の人、持病やアレルギーがある人、何かの薬を服薬している人は、そのことをちゃんと医師に伝えましょう。

 

 

それから、医師の診察なしに服薬しないでください。

 

 

ヘルペスウイルスが原因の感染症ですが、これは単純疱疹や帯状疱疹、HIVなどです。

 

 

ヘルペスウイルスはその細胞の核の中で増殖して、ヒリヒリする痛みをともなう単純疱疹などを引き起こします。

 

 

帯状疱疹などのヒリヒリする痛みは、ゾビラックスジェネリックで和らぐでしょう。

 

 

また、HIVについてなんですが、HIV陽性で、単純ヘルペスに感染している人が、ゾビラックスジェネリックを服薬したら、HIVの症状を抑えることができたという例があります。

 

 

なおジェネリックは先発品の開発から20年くらい経過して、その特許が切れた後に開発された薬のことです。

 

 

この薬は同じ成分で、同じ効果があります。